環境・社会貢献活動 あなたのまごころが、あのひとの希望をつなぐ。

毛布の寄贈先について

MYANMA ミャンマー連邦共和国

第7回支援活動
■ 対象国:ミャンマー連邦共和国 ■ 支援物資:毛布4,000枚 ■ 協力先:日本赤十字社

  • 寄贈先の特別支援学校の外観

  • 学校職員への毛布寄贈の様子

  • 学校責任者の方からの感謝状授与の様子

  • 毛布を手にする子供たち

  • ミャンマー赤十字社による、学校へのボランティア活動の様子

  • ミャンマー赤十字社による、地域社会へのボランティア活動の様子

2013年秋と2014年春にお引き取りした衣料をリサイクルして作った毛布4,000枚を、ミャンマーの生活困窮者や特別支援学校、孤児院で生活する子供達を中心に寄贈しました。

ミャンマーは、2012年に米国が経済・金融制裁を解除したことで、また、2013年にEUが経済制裁の解除を決定したことで、多くの外国企業が進出しやすい環境となりました。また、「消費市場」の観点から「アジア最後のフロンティア」、「製造拠点」の観点から「チャイナ・プラス・ワン」と呼ばれたりしており、対日感情も良く、地理的にも大規模市場である中国、インドと隣接していることから重要拠点になると見られ、今後も日本企業の進出が続くと思料されます。
しかしながら、経済的な注目が集まる一方で、いまだ後発開発途上国(最貧国)に分類されており、最低限の暮らしをしている生活困窮者の方々も多く、日本と比較すると、5歳未満児の死亡数は約15倍、妊産婦は約30倍と、多くの方が命を落としている現状があります。
今回、寄贈した毛布は、ミャンマー赤十字社が支援している生活困窮者や特別支援学校、孤児院で生活する子供達の生活改善物資として敷物や掛物、冬の寒さをしのぐためになどに活用されます。

■毛布の寄贈先はこちら

■配布時期 10月

配布対象 枚数 配布時期
生涯学習・障害児学校(ヤンゴン、マグウェ) 395 10月
特別支援(視力)学校(ヤンゴン) 142
青少年訓練学校(ヤンゴン) 352
特別支援(視力)学校(サガイン) 80
特別支援(視力)学校(モネヤ) 48
特別支援(視力)学校(パクック) 30
特別支援(視力)学校(メイティラ) 55
特別支援(視力)学校(マンダレイ) 210
特別支援(視力)学校(ミトゥキナール) 50
孤児院(タンリン) 150
女子孤児院(マリカ) 129
孤児院(キエイクワイン) 108
孤児院(タウッキャント) 86
視力障害のためのミャンマーキリスト教協会(ヤンゴン) 165
生活困窮者(ラカイン州) 2,000
合計配布枚数 4,000枚
協力百貨店様
大丸札幌店、丸井今井札幌本店、札幌三越、藤崎、パルクアベニュー・カワトク、東武宇都宮百貨店、京成百貨店、東武百貨店池袋店、小田急百貨店新宿店、小田急百貨店町田店、髙島屋東京店、髙島屋新宿店、髙島屋横浜店、そごう千葉店、東武百貨店船橋店、西部所沢店、まるひろ川越店、新潟三越、新潟伊勢丹、松坂屋静岡店、遠鉄百貨店、髙島屋岐阜店、松坂屋名古屋店、ジェイアール名古屋タカシマヤ、阪急阪神百貨店、近鉄百貨店、髙島屋大阪店、大丸神戸店、天満屋岡山本店、そごう広島店、、福屋八丁堀本店、福屋広島駅前店、天満屋福山店、天満屋福山ポートプラザ店、いよてつ髙島屋、高松天満屋、高松三越、そごう徳島店、高知大丸、博多大丸、鶴屋百貨店、トキハ本店、浜屋百貨店、宮崎山形屋、山形屋(鹿児島) ※順不同
毛布の寄贈先 軍手の寄贈について

TOP