recruit

WORKS働き方改革

激動の時代と私たちの働き方

社員が働きがいを持ち、より高いパフォーマンスを発揮できる職場環境づくりを行うべく、人財部門にダイバーシティー推進Sec.を設置。各部署においては、これまでの業務内容を見直し、より生産性を向上させる働き方を継続的に推進しています。

さらに、2019年からは仕事の進め方や働き方を見直すことによってワークライフバランスの実現を目指す「働き方デザイン」プロジェクトがスタート。従来では働き方を変えることが厳しいと考えられてきた、デザイナーや都心の営業担当の部署を対象に働き方コンサルティングを実施。残業時間の削減や、有給取得日数の増加など、確かな成果を残しました。また、リーダー層の意識変容を目的とした研修を行い、トップから変わる組織を目指しています。

働き方改革をするうえで私たちが取り組んでいる主な取り組みに「カエル会議」があります。仕事のやり方を「変える」、早く「帰る」、人生を「変える」。さまざまな意味の込められた「カエル会議」は毎週1回開催。単に業務の進捗を共有するだけの会議ではなく、メンバー全員が主体的になってトライアンドエラーを繰り返すことで、働き方を変えるだけに留まらず、その先の「ありたい姿」の実現を目指します。そして、この会議は「全員が楽しむ」ことが最大のポイント。職歴や役職関係なく闊達に発言できる雰囲気のもと、全社をあげて取り組んでいます。

ワークライフバランスの実現を綺麗ごとで終わらせないために。オンワードは今後も働き方デザインを推進し、社員のありたい姿の実現とより働きやすい環境づくりを目指していきます。

働き方デザインに取り組む従業員の声

アパレル業界=「働きやすい」
イメージへ

所属:レディスカンパニー第一レディスグループブランディングDiv.

入社年:2016年

働き方改革の開始当初は、「本当にやれるのか?」という疑念と「働き方が変わったらうれしい!」という期待が入り混じっていました。ところが毎週のカエル会議でさまざまなメンバーと話をするうちに、今までにない発見や学びがあり、今ではポジティブな気持ちで働き方改革に取り組んでいます。アパレル業界は、華やかなイメージの一方で残業や体力仕事も多く大変なイメージがあると思います。私たち自身が働き方を考え直すことでここで働きたい! ずっと働きたい! と思う人が増えたらなと思います。一緒に働くメンバーでコミュニケーションをとりながら、いいと思うことはどんどん実行に移し、働きやすい仕組みを考えていきたいです。

ありたい姿の実現は意識の
変化から

所属:メンズカンパニーJ.PRESSメンズDiv.

入社年:2003年

成果を出すために必要なのは、有能な人財ではなく、心理的安全性と関係の質が高いチームです。チームメンバー全員がその考えに腹落ちし、総意で決めた「持続可能な当たり前をちゃんとやること」を決めて、働き方改革に取り組んできました。その結果、関係の質が高まってきたと感じています。チームをありたい姿にしていくため、5つのテーマを掲げ、テーマごとのリーダー&サブリーダーを選出しましたが、メンバー全員が和気あいあいとした雰囲気で働き方改革に取り組んでいます。

仕事もプライベートもあきらめない

所属:レディスカンパニー第一レディスグループブランディングDiv.

入社年:2008年

子供の体調不良や学校行事など、仕事との調整がつけられず、以前は心身ともに疲弊していましたが、働き方改革に伴う制度の導入や社内風土の変化によって、子育てと仕事のバランスが取りやすくなりました。今までの働き方だと、妊娠や出産へのハードル、子育てとの両立への不安を理由に、女性や子育てをする社員は自己成長を諦めなければならないことが少なからずあったかと思います。働き方改革とは、働き方の選択肢を増やし、キャリアの幅を広げることだと私は考えています。仕事もプライベートも両立するために、今後も働きやすい風土づくりに挑戦していきたいです。

PAGE
TOP